タロット占いと合わせて、勉強するべき占いとは?

● タロット占いと合わせて、勉強するべき占いとは?

隆之介です。

今日は、占いを勉強したい人に、占いの使い分け方のコツをお伝えします。

占いと言うのは、大きく言って、3種類のジャンルがあります。

その3つはそれぞれ、役目も特徴も使い方も、全く違います。

占いの3つのジャンルについて、少し解説しますね。

1つは、西洋占星術や四柱推命など、誕生日から占う方法です。

これは、生まれ持った宿命や、変えられない事を占う手法です。

これを、命術(めいじゅつ)と呼びます。

2つめは、手相や家相など、ものの形から占う方法です。

これは、変えられる事を占う手法です。

これを、相術(そうじゅつ)と呼びます。

3つめは、タロット占いやおみくじなど、偶然性のある占いの手法です。

これは、相手の気持ちなど、変わりやすい事を占う手法です。

これを、卜術(ぼくじゅつ)と呼びます。

この3つを組み合わせると、様々な事が占えるのです。

今回は、タロット占いのみを勉強している方から、こんなご質問を頂きました。

やはり、命術の占いも、勉強した方がいいのでしょうか。

それとも、前お話いただいたように、まずはタロットに絞って経験積んだ方がいいでしょうか。

ご質問は、こういう事です。

ご質問主の彼女は、タロット占いを勉強しています。

タロット占いを勉強しているので、運勢の変わりやすい面を見る事が出来ます。

でも、もっと宿命的な部分。変わらない運命を見れる必要性を感じています。

すると、四柱推命とか西洋占星術などを、勉強した方が良いでしょうか?と言うご質問です。

答えから言うと、それは自由です(笑)

タロット占いだけで、どんな質問も占えます。

でも命術が使える事で、さらに幅が広がる場合もあります。

どちらにしても、人や自分を占う事が出来ます。

タロット占いだけを覚えれば、十分な人もいます。

様々な占いを覚える方が、向いている人もいます。

基本的には、複数の占いが出来る方が便利です。

でも、最初は1つに絞って勉強して行くと良いですよ。

特に、何か他の占術を勉強した場合は、興味があるものを学ぶ事です。

最初はまず、タロット占いをマスターするのが良いです。

そして、ある程度覚えたら、次に勉強したい占いに行くと良いですよ。

一般公開できないディープな占い話はこちらから

更新情報を受取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。